FARM

農園のこと


Mio山の農園環境について

大自然の恵みで育てています。

おいしいお米や梨を育てるために、一年を通して大量の水が必要ですが、その水がおいしいことが何よりも大切です。土壌からしみ出した良質なミネラル分がたっぷりと含まれており、Mio山の農作物は自然からの贈り物と言えます。

 
 
 
 

人も飲める天然の美味しいお水のみを使用。

大分県日田市に一尺八寸山 (みおうやま)という山から生み出された豊富な水が流れ込むため、田んぼに十分な水を確保できます。水の管理を徹底し、常においしいのお米を作り続けているのが人気の秘密です。白い湯気から豊かに香り立つ炊き立てのごはんは何よりのご馳走。おいしい水が育てた味をご堪能いただけます。

4月下旬。田植えの準備をします。自然っていいよね!

これから田んぼに水を入れます。

こちらはコシヒカリの稲の準備です。

機械植えが終わったら、隅は手作業で植えていきます。足が土に取られないように「よっこいしょ」。

水位の管理も必要ですが、その労力は除草剤が効くために行う水管理より少なくてすみます。除草剤を使用しないことによる土壌や水、その他の生物に与える環境負荷も小さくなります。

これがジャンボタニシ。苗も少しは食べられますが、除草にかかる大変な労力と、除草剤の経費、安全面から考えると、相当な除草効果があります。

手作業で除草作業をしています。草取りはがんずめで行います。

米作りを手伝ってくれる仲間達。ありがとう!皆さんも来年、お米を一緒に作りませんか?詳しくは HPお問い合わせの松尾まで!

雨にも負けず、稲はスクスクと成長しています。美しい緑と水に囲まれたMiO山のお米です。今年も美味しくな~れ!!

こんなに大きくなりました!よく見ると稲穂が出ているのがお分かりですか?

稲作の結果です!!一面が黄金色に変わり、しっかりと実りました。

「おいしいおにぎりできました!」